メインイメージ

車の付属パーツは必要か?

車にとって付属パーツが必要かというのは、人それぞれの考え方によって異なってきます。

現在は数多くの付属パーツが有る、それを組み合わせることによって好みのカスタマイズをすることができますが、それにはかなりのお金がかかることになります。

お金の問題さえなければ誰でも好きな様にパーツを取り付けていくことになりますから、やはり問題となるのは費用の面ということになります。

そこで、パーツが必要であるかないかを考えるときには車の仕様目的を第一に考える必要があります。

近所の買い物であったり、通勤にしか使うことがないという場合にはわざわざ高価なものを取り付ける必要はありません。

カーナビやETCといった便利なパーツは今の時代どのような車にも付いているものですが、本当に必要かとなると必ずしもそのようなことにはなりません。

営業でかなりの広範囲を走り回るという人にとっては、知らない土地でも道を案内してくれるカーナビはとても役に立つ物ですし、高速道路を月に何回も乗るような人はETCを取り付けることによって、スムーズに高速道路の乗り降りをすることができます。 しかし、近距離の買い物や通勤に使うような場合にはこれらのものがついていても、活躍する機会というのはほとんどありません。

このような使い方をする人でも年に一回ぐらいは遠出をして、必要となる場面も出てくることもあるかもしれませんが、その年に一回のためにお金を払う価値があるのかということを考える必要があります。

また、代替品があるのかというのも選びポイントとなりフロアマットなどは通年使用するものではありますが、必ずしも純正でなければならないということは有りません。

サイズさえ合っていればわざわざ高価な純正のマットを使用するよりも、安価な汎用品を利用したほうが圧倒的にお金の節約となりますから必ずしも購入時にオプションとして純正品を購入する必要も無いのです。

このように本当に付属パーツが必要かどうかを考えながら、パーツ選びをすると失敗がなくなります。

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。価値が付き易いパーツとしては純正品です。

中古パーツが購入できる店舗・場所

事故などで車の付属パーツが壊れてしまった時には、買い替えが必要となりますが、新品のパーツは高額のため中古で探したいという方も少なくありません。出来るだけパーツを安価で購入したいという場合には、車の解体を行っている店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。