メインイメージ

車の付属パーツ

車は付属パーツを取り付けてより快適に走行することができるようになります。付属パーツの基本として、いくつか種類がありますが、便利なものとしてカーナビがあります。

カーナビというのはGPSを使用して自分の車の位置を知り、画面上の地図にあわせて表示させることができます。そして目的地を設定することで、道順をナビゲーションしてもらうことができるのです。また最近のカーナビは渋滞している道路を避けて案内を行ってくれる、駐車場の空き情報もわかるものもあり、より立体的でわかりやすく表示されるものがあり便利です。

次に便利なものがETCという電子料金収受システムができる機器です。これがあれば高速道路などETCレーンをノンストップで走行することができるようになります。

今では当たり前となっていますが、車にはエアコンがついています。これも快適に運転するためには必要なもので、最近はオートエアコンが多く、細かい設定を自分で行うことなく自動的に温度や吹き出し口も変わるようになっています。

ほかに明るいライトやフォグランプを取り付けることで夜間安全に走行することができるようになります。

タイヤやホイールも付属パーツのひとつですが、タイヤは基本的にサマータイヤというオールシーズンタイヤを装着しますが、雪道を走行するためにはスタッドレスタイヤを装着します。

このように車を快適に走行することができるよう様々な付属パーツが用意されているのです。

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。ディ...  気になる続きはこちら ⇒

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。価値が付き易いパーツとしては純正品です。

中古パーツが購入できる店舗・場所

事故などで車の付属パーツが壊れてしまった時には、買い替えが必要となりますが、新品のパーツは高額のため中古で探したいという方も少なくありません。出来るだけパーツを安価で購入したいという場合には、車の解体を行っている店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。