メインイメージ

車の付属パーツの豆知識

車を購入しますとオプション装備をつけなくても、最初から付属パーツが装備されています。

パンクしたときに一時対応として履き替えるスペアタイヤ、そのタイヤ交換に役立つジャッキから

内装のカーナビまで様々な装備が付いてきます。

当たり前のように付いている付属パーツ類に対しても正しい知識を持つことをお勧めします。

その中の一つでサイドバイザーがあります。

換気などで窓を開ける時に晴れならいいのですが、雨が降っていると少し開けただけでも雨が入ってきます。

サイドバイザーはその雨の侵入を防ぐ効果があるので活躍の機会は多いです。

あと助手席の足元の奥に赤い筒状の物があります。これは重要な付属品で発煙筒というものです。

踏切で動かなくなった時や高速道路での緊急時に電車や、後続車に緊急時であると知らせる為に使用します。

しかもこれがないと車検も通りません。

車内外で当たり前のようにつているパーツもちゃんと知識をもってすれば、何のためにあるのか理解できます。

工具類やジャッキなど正しい使い方の知識も大事です。

緊急時に使えなかったら話になりませんし、その為に付いてきた工具なのですから使い方は取り扱い説明書に載っていますので使用方法を確認することをお勧めします。

豆知識ですが、取り扱い説明書や、スペアタイヤは勿論、工具類など最初から付いてきた付属品類は査定の時にも有無で大きく査定額も変わってきます。知っている人もいますが知らな人も多いです。

なくさないようにきちんと付属品類は置いておくことをお勧めします。

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。価値が付き易いパーツとしては純正品です。

中古パーツが購入できる店舗・場所

事故などで車の付属パーツが壊れてしまった時には、買い替えが必要となりますが、新品のパーツは高額のため中古で探したいという方も少なくありません。出来るだけパーツを安価で購入したいという場合には、車の解体を行っている店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。