メインイメージ

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。

メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

ディーラーオプションとは比較的簡単に搭載することが可能なものであり、ETC機器やナビゲーションシステムなどがあげられます。

一方で車の付属パーツとは定着または装備されているものをいい、標準で装備されているカーステレオやカーエアコン、スペアタイヤなどがそれに該当します。

またそれ以外にも標準装備などがあり各メーカーごとに様々ですが、シートのヒーター機能やシートの高さを調節できる機能、室内ランプやアクセサリーソケットなどがあります。

車を購入するときにはメーカーオプションなのかディーラーオプション、標準の付属パーツなのかを確認して購入しましょう。

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。価値が付き易いパーツとしては純正品です。

中古パーツが購入できる店舗・場所

事故などで車の付属パーツが壊れてしまった時には、買い替えが必要となりますが、新品のパーツは高額のため中古で探したいという方も少なくありません。出来るだけパーツを安価で購入したいという場合には、車の解体を行っている店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。