メインイメージ

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。

価値が付き易いパーツとしては純正品です。中古車が購入される場合、改造されている状態ですと敬遠されてしまうことがありますので、売れ易い純正パーツの方が価値を付けてもらい易くなります。その為、改造している時には元の状態に戻しておいたり、あるいはセットにして査定を受けるようにした方が良いと言えます。

アルミホイールやカーナビ、オーディオ、アンプ、ETCなどの付属パーツもあると評価対象になることがあります。ただし、状態が悪かったり古いモデルだったりするようですと殆ど価値にならないこともあるのです。その場合は取り外して別で売ってしまった方が得することがありますので、無価値の場合は無理に売らずに外した方が良いでしょう。

標準でついている車の付属パーツとは

車を購入するときにメーカオプションやディーラーオプション、付属品といったものがありそれぞれで意味合いが違ってきます。メーカーオプションとは工場で製造する際に取り付けるものが多く、後から取り付けたり交換することが難しいものが主になりシートやスマートキーなどがあげられます。

付属パーツがあると車の査定で得する?

車を買取査定に出す時には付属パーツがあった方がプラス評価が付き易くなります。中古車として販売する時にも何かしらのパーツがあると売れ易くなる傾向もありますので、売却する時にも得する可能性が高いです。価値が付き易いパーツとしては純正品です。

中古パーツが購入できる店舗・場所

事故などで車の付属パーツが壊れてしまった時には、買い替えが必要となりますが、新品のパーツは高額のため中古で探したいという方も少なくありません。出来るだけパーツを安価で購入したいという場合には、車の解体を行っている店舗に問い合わせてみるとよいでしょう。